Hati cast the die

FPS,RCGメインなゲームライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移籍 -Trade-

2nd Seasonも終わりました。
今回は1戦目からずっと1st Season終盤と同じ難易度でやった。

流石メルセデスとでも言うべきか、HRTとは圧倒的な戦闘力の差。
決勝ではミスをして負けたりはしていたけれども、
ポールポジションは当たり前な状態でしたね。
流石にぬるい設定だったか…

最終結果
F1_2010_game 2010-09-29 23-04-50-262 F1_2010_game 2010-09-29 23-05-23-247
ドライバー、コンストラクター共に最終戦まで分からない接戦だった。

そして電撃オファーで移籍。
F1_2010_game 2010-09-29 23-07-39-809
今シーズン目標にしていたトップチームへの移籍も無事出来たので、
3rd SeasonはTire Simulation入れていきますよ!
ここだけの話、ライバル選択は移籍にかなり影響してくると思う。

2シーズン終えて成績はこんな感じ。
F1_2010_game 2010-09-29 23-08-57-387
ポール小僧と言われても仕方ないな。

やっぱりAA入れてないとシャギシャギなのが気になる。
今度はMSAAx2くらい入れて配信してみようかな。
一人でこっそりやってる時は1920x1080,MSAAx2です。

スポンサーサイト

独逸 -Hockenheim-

トップチームのマシンは速くて楽しいけど、
たまには中堅、下位のチームも使ってあげないとね!
HRTは…もう懲り懲りだけど。

German GP - Hockenheimring


ホッケンハイムはF1ゲームくらいでしか走ったこと無いけど、
俺の中ではかつての超高速コースのホッケンハイムのまま。
ティルケによってタイトなコースに改修されてたのね。
他にもモンツァやドニントンパーク、ニュルまでも改修予定らしいが、
同じ様なコースばかりにしてくれるなよ!
只でさえ、現在のF1サーキットは半分がティルケなんだから。
でもセパン、バーレーンは好き。勿論イスタンブールも。

ホッケンハイムも昔ながらの中速セクションは楽しいね。
中高速セクションを限界まで攻めるのが最高だと改めて感じた。
そういう意味ではインテルラゴスは最高だな!

聖地 -Monza-

撮ったSSとか見てみると全部レッドブルだった。
ふとそう思ったので違うマシン乗ってきました。
べ、別に好きだからずっと使ってるって訳じゃないだからね!

次どこやるー?って事で色々候補もあるけれども、
前回はモンテカルロだったので高速コースのモンツァにしてみた。
今日、決勝のあるシンガポールでも良いと思ったが、
同じ様なコース続けてもどうかと思ったので。

Italian GP - Monza


モンツァといえばフェラーリの聖地!
このところ調子を上げてきているけど、
ゲームの収録時点ではいまいちな性能。
これからアップデートで性能差変わってきたりするのかな?

一応ストレートでは後ろに付いてるけど、
スリップストリームの効果あるのかは疑問なところ。
あっとしてもとても軽微な効果ですね。
今のF1は後方に乱気流が生じてそこまで効果がないとはいえ、
真後ろに付いてるのにストレートで抜けないのはちょっとね…。

市街地 -Monte Carlo-

挙動にもだいぶ慣れてきたので動画撮って来ました。

Monaco GP - Monte Carlo


最初は鈴鹿を走ろうと思ってたんだ。
気付いたらVeNeLさんの一言でモナコ走ってた。
ここで速く走るの難しいんだよおおお!
至る所でフェンスに擦って冷や冷や物でした。

1コーナーはブレーキングでフロントロックし易いし。
ラスカスからアントニーの出口は難しすぎる!
ラスカスなんて3周目しか上手く回れなかったorz

モナコはExpertだとミス無く走って勝てるかどうか…
それくらいの難コースに仕上がってますね。
こういうコースのAIは速過ぎる。

新人 -Rookie year-

キャリアモードで漸く、1シーズン終えました。
軽くシーズンを振り返って感想とか。

最初に選択ミスでHRTを選んでしまったのですが、
戦闘力が最も低いマシンなのである意味美味しかったですね。
開幕2戦はExpertでやっていたのですが、
あまりにも差を付けられ過ぎて心が折れました。
難易度をHardを基本にして、
TCS: ON → OFF,AI: Professional → Legend
この設定だと予選も本戦も良い感じに。
Expertとの差はTire Simulationが有るか無いかだけです。
後半は挙動にも慣れてきて良い勝負が出来るようになりました。

コースによってAIの速さに随分と差があるように感じる。
最下位で単独走行するところもあれば、HRTなのに優勝出来ちゃったり。
Tire Simulationを入れるとどこでも勝負にならないけどね!

終盤はチームの評価を高めることが出来ず、
来シーズンのシートがどこからもオファーが無い状態に。
もう後が無いという最終戦のアブダビでまさかの優勝。
メルセデスからの電撃オファーから移籍。
2シーズン目はメルセデスの2ndドライバーに決まりました。
さようならHRT!ありがとうHRT!!


以下はタイヤの摩耗について、個人的なメモ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。